人物

【ゴールドディガー】小室圭への屈辱的な愛称にネットの反応は?意味は?

秋篠宮家の長女・眞子さまと結婚した小室圭さんですが、2人の結婚は世界的にも注目されていて、今回カナダメディアが「小室圭さんはゴールドディガー」と例えたことで話題になっています。

どういう意味で小室圭さんにゴールドディガーと愛称をつけたのでしょうか。

 

今回は、

ゴールドディガーの意味

ゴールドディガーの愛称に対するネットの反応

についてリサーチしました。

【ゴールドディガー】意味は?

ゴールドディガーというのは、「金鉱探し、砂金掘り」という意味なのですが、俗語として「恋愛ではなく金銭目的で他の人と交際する人、特に女性」という意味があるようです。
いわゆる玉の輿ですね。

今回カナダメディアが小室圭さんに対してゴールドディガーという愛称をつけたのは、「小室圭さんは玉の輿だ」と言っていることになりますね。

眞子と小室は彼らの行動によって(国民からの)人気がなく、メディアは彼らを英国のヘンリー王子とメーガン妃の日本版と呼んでいるのが現実だ。

引用:東スポWeb

小室圭さんと眞子さまの結婚に対して、カナダではそのような例えがなされているのですね。

ゴールドディガーという愛称が付けられたのは、「小室圭さんは金目的で結婚した」という憶測が原因のよう。

小室の結婚の意図が、金のためなのかという憶測を招いた

引用:東スポWeb

小室圭さんの母親とその婚約者との金銭トラブルが原因で結婚が延期されたことを受けて、このような憶測が広がっているようです。

【ゴールドディガー】小室圭への屈辱的な愛称にネットの反応

ゴールドディガーという愛称が小室圭さんに付けられた件に関して、ネットでの反応はどうなのでしょうか。

小室圭さんへのゴールドディガーの愛称に対して、「上手いこと言う」、「恥ずかしい」、「図星だな」など、ゴールドディガーという表現があっているという方々が多いようです。

また、「流行語大賞にならないかな」という声もありました。
確かにもう少し早い時期にゴールドディガーのワードが出されていたら、流行語大賞の候補に上がっていたかもしれませんね。

まとめ

小室圭さんに付けられた愛称「ゴールドディガー」の意味や、ネットの反応についてまとめました。

世界的にも注目されているのであれば、小室圭さんと眞子さまの結婚に対して、まだまだ取り上げられてしまいそうですね。