あれこれ

五輪中止or延期の決定はいつ?看護師の派遣について本音は?

東京五輪の開催まであと約3ヶ月となりました。

国は開催の方向で検討中のようですが、
国民はどちらかというと中止か延期を望む声が多いような気がします。
特に医師、看護師など医療従事者の方から。

「医療崩壊」と言われているのに、
確かに矛盾してますしね。

 

今回は

東京五輪中止or延期の決定はいつ?

看護師の派遣について本音は?

についてリサーチしました。

東京五輪中止or延期決定はいつ?

東京五輪の中止または延期がいつ決定するかについて、
今のところ確定しておりません。

ただ、2021年4月15日の時点で、
政府は「中止の可能性もある」と示しています。

 

IOCのバッハ会長は、
いつニュースを見ても「開催の方向」と言っている気がしますが、
個人的には、
「まぁバッハさんが住む国ではないし、
何があっても知ったこっちゃないんだろうな」と言った感想です。

3度目の緊急事態宣言が出ている今、
そしてコロナウイルスのワクチンもまだ十分に行き渡っていない今、
開催を強行する必要があるのか、
超一般人の私には理解が難しいです。

看護師の派遣について本音は?

「東京五輪・パラリンピックの組織委員会が日本看護協会に、
大会の医療スタッフとして看護師500人の確保を依頼した」ということで、
かなり話題になっていますが、

「五輪は中止にしてほしい」というのが看護師さん達の本音のよう。

 

…そりゃそうですよね。。。

理由として、

・既に医療がひっ迫している

・わざわざ感染しにいくような場所に行きたくない

・海外選手の受け入れ体制が整っていないと思う

引用:スポーツ報知

IOCのバッハ会長は、
「緊急事態宣言とオリンピックの開催とは無関係」と、
さも当たり前のようにズバっと言い切っているようですが、

日本の東京五輪・パラリンピック大会組織委員会も、
おそらく同じ意見なのでしょうね。

 

「国民も医療従事者も守る」という意識は低いのかもしれません。

まとめ

東京五輪の中止or延期の最終決定時期はまだ決まっていません。

また、看護師500人派遣問題について、
看護師さんからは反対の意見がほとんどであることがわかりました。

 

東京五輪に向けてずっと頑張り続けているアスリートの方々を思うと、
開催してあげたい気持ちはもちろん私もあります。

実際1年延期となってしまって、
引退という選択をされたアスリートの方もいますし、
その方はとても無念だっただろうなとも思います。

 

ですが…

日本はまだまだコロナの感染者があとを絶たず、
ワクチン接種も普及されていない状況で、
あと3ヶ月で開催しても大丈夫なのかという心配が個人的には大きいです。

 

国民も、医療従事者も守ってもらえる選択を、
政府がしてくれることを期待します。