人物

風間球打の父・母・兄弟など家族構成や出身中学は?プロフィールまとめ!

2021年のドラフト指名予想で多くの選手の名前が挙がっています。

秋田・ノースアジア大明桜高校の風間球打選手もその1人です。

 

ノースアジア大明桜高校は今夏、
第103回全国高校野球選手権大会(甲子園)の地方大会を勝ち抜いて、
4年ぶりの出場権を獲得しました。

風間球打選手は自己最速157キロを投げる右腕の持ち主で、
今年のドラフト候補の1人と言われています。

 

そんな風間球打選手を育てた父親・母親はどんな人なのか、
兄弟はいるのか、
また出身中学やプロフィールなどが気になります。

 

今回は、

風間球打選手の家族構成

風間球打選手の出身中学

風間球打選手のプロフィール

についてリサーチしました。

風間球打の父・母・兄弟など家族構成

風間球打選手は父・母・兄2人・弟1人の6人家族です。

 

父は啓介さんと言います。

父・啓介さんは塩山商で野球をしていた元高校球児です。

大好きだった漫画「球道くん」にちなんで、
4人の子供たちの名前にはみんな「球」がついています。

本当に野球が好きだったのでしょうね。

 

母は今日子さんと言います。

その他詳細の情報を見つけられませんでしたが、
4人の野球少年たちの健康管理などはかなり大変だと思います。

子供たちのことを心から応援しているからこそできるのでしょうね。

 

風間球打選手を含む4人の兄弟は、
長男・球道(きゅうどう)さん、
次男・球星(きゅうせい)さん、
三男・球打(きゅうた)さん、
四男・球志良(きゅうしろう)さんと言います。

家族は父啓介さん、母今日子さん、兄球道さん、弟球打(きゅうた)さん、球志郎(きゅうしろう)さん。

※次男・球星さんについての記事にて

引用:日刊スポーツ

 

先ほど述べたように、
風間4兄弟の名前にはみんな「球」という漢字が入っています。

そして4人とも野球をされているようです。

 

球道さんは山梨学院で内野手、球星さんは甲府工で捕手としてプレーし、末っ子の中学生・球志良君も野球をしている。

引用:スポニチ

 

それぞれの野球を始めたきっかけはわかりませんが、
父・啓介さんの影響は少なくともあったでしょうし、
弟たちは兄の野球を頑張っている姿を見て、
「自分もやりたい」と思ったのかもしれませんね。

風間球打の出身中学

風間球打選手は、
甲州市立塩山中学校の出身です。

 

風間球打選手は小学校1年生から軟式野球を始めて、
小学3年生の時にピッチャーに転向しました。

中学進学後は、
硬式野球チーム「笛吹ボーイズ」に所属していました。

中学2年生の時に全国大会に出場して、
中学3年生の時には最速135キロをマークしていたようです。

風間球打のプロフィール

 


引用:週刊ベースボールONLINE

名前 風間 球打 (かざま きゅうた)
生年月日 2003年10月11日
出身地 山梨県甲州市
身長 182cm
体重 81kg
投打 右投右打

スカウトの評価

巨人・柏田スカウト|21/7/24
 「春から投球がすごく上手になった。決めにいくときのストレートはすごみを感じる」
 「去年の夏から一皮も二皮もむけた印象がある。力任せではなく、きっちりコースに投げられるようになり、それでいてスピードも出ている。ピッチャーとしてまとまりがあるし、剛と柔がかみ合った上手なピッチャーになってきたと思う」

ヤクルト・伊東編成部長|21/7/24
 「能力は高校生の中で(トップの)5人に入る。勝たなくてはいけないということで変化球が多かったが、試合をしっかり作っていた」
 「すべての球で空振りが取れる。伸びしろも非常にあって期待度は高い」

DeNA・欠端スカウト|21/7/18
 「高校生では飛び抜けた存在でボールに威力がある。2年前から見ているが、力の伝わりやすさやバランスが良くなっている」

引用:ドラフト・レポート

他にも多くのスカウトから注目されています!!!

まとめ

ノースアジア大明桜高校の風間球打選手の、
父・母・兄弟の家族構成や出身中学、
プロフィールについてまとめました。

この秋に開催されるドラフト会議が楽しみですね。