人物

高宮なつ美は結婚している!夫や子供は?経歴やプロフィールまとめ!

東京オリンピック2020の近代五種日本代表選手の、
高宮なつ美選手。

近代五種という競技は、
射撃・フェンシング・水泳・馬術・ランニングの5種目を、
1日で、しかも1人でこなす複数競技です。

瞬発力や持久力、集中力など万能性が問われる競技で、
それぞれの種目の得意・不得意もあるため、
最後まで結果がわからないという面白さがあります。

これだけの種目をこなす高宮なつ美選手、
相当な運動神経の持ち主かと思われます。

 

そんな高宮なつ美選手、
2016年のリオオリンピックにも出場されていますが、
その後結婚されています。

結婚相手はどんな方で子供はいるのでしょうか。
これまでの経歴なども気になるところです。

 

今回は、

高宮なつ美選手の夫や子供

高宮なつ美選手の経歴やプロフィール

についてリサーチしました。

高宮なつ美は結婚している!夫や子供は?

高宮なつ美選手は2019年12月に結婚されています。
旧姓は朝長(ともなが)で、
2016年のリオオリンピックでは「朝長なつ美」として出場されました。

結婚相手となった夫は同僚の方だそうですが、
詳細は不明で、
「高宮さん」ということしか分かりませんでした。

 

子供についてもリサーチしましたが、
高宮なつ美さんには子供はいないようです。

「五輪が終わったら結婚式を挙げて、新婚旅行に行って…。子どもも早めに欲しい」。思い描いた計画は、全て1年先送り。本番に向けて厳しいトレーニングを積んできただけに「早く普通の生活に戻りたい気持ちが強かった。1年待つのか」とぼうぜんとするしかなかった。

引用:東京新聞

高宮なつ美選手が、
新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックの開催が1年延期となった時の、
ショックだった心境を話しています。

やはりアスリートであっても1人の女性。
「子供が欲しい」となるとリミットというものを考えてしまいますよね。

 

高宮なつ美選手は現在29歳。
この東京オリンピック出場後に、
可愛い赤ちゃんが高宮なつ美選手の元に来てくれるといいですね。

高宮なつ美の経歴やプロフィールまとめ!


引用:東京新聞

名前 高宮 なつ美 (たかみや なつみ) /旧姓・朝長(ともなが)
生年月日 1991年8月22日
出身地 埼玉県狭山市
身長 169cm
体重 53kg
出身高校 埼玉県立川越南高校
所属 警視庁
座右の銘 諦めない心が大事

高宮なつ美選手は、
3歳から小学6年生まで水泳を続けて、
小学生時代は陸上もやっており、

中学時代はバスケットボール部員でありながら、
夏は水泳部の大会に、
冬は駅伝に出場するなど、

幼少期からバリバリのスポーツ少女だったようです。

 

高校は埼玉県立川越南高校に進学して陸上部に入ります。
本当は帰宅部志望だったようですが、
どこかの部に所属しないといけないという校則のため、
希望は叶わなかったとのこと。

きっとここで運動部を選択していたから、
今の高宮なつ美選手があるのでしょうね。

 

高宮なつ美選手は美容師になりたかったようですが、
両親が警察官だったことや、
高校の先生から「性格的に警察官に向いている」と勧められたこともあって、
高校卒業後は警視庁警察学校に入校されました。

 

警察学校に入校してから近代五種に出会うのですが、
高宮なつ美選手は元々近代五種をやりたかったわけではなく、

警察学校での1500メートル走記録会にて、
高宮なつ美選手が校内の女子歴代記録を更新するタイムを出したことによって、
警視庁の近代五種部の監督から誘われたのがきっかけのようです。

 

高宮なつ美選手が近代五種の競技を始めたのは2012年11月からですが、
多くの成績を残しています。

2013年 全日本選手権 準優勝

2014年 全日本選手権 優勝

2015年 オセアニア選手権 5位

      全日本選手権 優勝

      東京都選手権 優勝

      世界選手権 10位

2016年 リオオリンピック 12位

      ワールドカップ 6位

2017年 ワールドカップ 4位

2018年 アジア競技大会 5位

2019年 オセアニア選手権 準優勝

     ワールドカップ 10位

競技開始から1年ほどで準優勝して、
翌年には優勝までしています。

高宮なつ美選手は元々スポーツ少女だったこともあって、
順応力がずば抜けているのでしょうね。

まとめ

東京オリンピック近代五種代表の高宮なつ美選手の夫や子供、
経歴やプロフィールについてまとめました。

ストイックに、
人の笑顔のために頑張る素敵な高宮なつ美選手。

最高のパフォーマンスができることを祈ります。
応援しています!!!